米沢牛・黒毛和牛のギフト通販なら米沢牛黄木へ

創業大正十二年の老舗 米沢牛販売指定店

先様がご自由に選べるのが魅力です。カタログギフト券

米沢牛黄木スタッフブログ

米沢牛黄木スタッフブログ

米沢牛黄木スタッフブログ 月別アーカイブ

2009年09月の記事

黄木ブランド牛

2009年09月28日(月)

今日は薄曇りでやや気温が低い。
実は先日、当社の新しい牛舎で育った初めての黄木牛が3頭と畜になった。


子牛市場から仕入れて、33ヶ月、肥育日数1000日を超えた牛。
少しでも早く出荷すれば経費も削減になるが、あえて肉質や脂質の熟成をねらって
リスク覚悟で長期肥育にこだわります。




さらにこれから2週間ほど冷蔵庫で熟成をほどこし、
最高の旨い状態になった時、皆様に買って頂きたいと思います。



秋の味覚

2009年09月25日(金)

今日は晴れ渡る青空が気持ちよく、外は半袖でも大丈夫なくらい暑い感じだ。

まわりの田んぼでも稲刈りがちらほらみうけられ、
いよいよ秋本番といったようす。


このへんでも今ではめずらしい天日干しの風景。餅米か?
早い品種のコシヒカリか?




秋には米の収穫を祝って食べるものといえばこれ




山形の「芋煮」。
秋の収穫に感謝して、とれた里芋やねぎ、きのこなどを煮て新米と一緒に食べるのが昔のならわしだそうだ。

作る時に大事なことは”塩梅加減”(あんばい)
細かいことを気にせず、目分量で作ること。こんにゃくなども手でむしり切る。
これがなぜか不思議とうまい。


これから土芋(つちいも)といって、芋煮には最高の芋が出始める。
そこに当社の切り落しがはいれば、旨味が際立ち完璧である。



米沢牛と小野川温泉

2009年09月23日(水)

今日はシルバーウィークの最終日だがあいにくの雨模様。

今日は小野小町ゆかりの温泉、小野川温泉「河鹿荘」のご紹介。




入り口には足湯がおかれ、訪れた人の気持ちを和ませる憩いの場となり、
冬などとても気持ちがよくてなかなか抜け出せない。



それもそのはず、ここ小野川のお湯は、マイナスイオンが140万〜160万/CCもあるという。
(滝つぼ周辺で、おおよそ2万〜3万/CC)というから驚き。


源泉が空気にふれると「湯の花」が舞い踊り、いかにも体の中まで染みわたりそうな、温泉らしい効能ゆたかなお湯。



夕食も豪華、「牛肉三昧膳」などボリュームも凄い。
もちろん黄木の牛肉なのでとてもやわらかい。






ちなみにここの社長さんは国土交通省が認定した山形県第1号の観光カリスマ。
米沢のことや小野川温泉のことは何でも訪ねてみてください。


社長さんの特徴は、顔が温泉のおかげで色ツヤがとてもよく、
話をすると目がキラキラ少年のように輝き出します。


最近双子のお兄さんが帰っていらっしゃるのでお間違いのないようにお願いします。(お兄さんもとても優しいかたです)



天地人うまいもの市

2009年09月18日(金)

本日から9月27日(日)までの10日間
上杉神社隣り伝国の杜周辺で「天地人うまいもの市」が開かれています。



富士屋米店の手作りおにぎりや





米沢牛のれん会の串焼きや弁当




ちなみに当社は21日が当番で、米沢牛串焼きやステーキ丼を販売します。


そのほかに「小野川温泉」の80℃の源泉を持ってきて作った
「足湯」もありました。



お天気も暑いくらい最高です。
どうぞ出かけてみてください。


魅惑のテールスープ

2009年09月16日(水)

今日も快晴で暑いくらいの気候。

金剛閣の数あるメニューの中でもベスト5に入るくらい好きなのが
この「テールスープ」。
旨っ〜


大ぶりなテールがゴロン。
どんぶり狭しと居座っている。




やわらか〜く煮込んだテールは箸がいらないくらい簡単にほぐれるほど。
肝心なスープは、下ごしらえに手間ヒマかけた奥深い味。
この味は家庭では難しいなりよ。



女性の方はあまり馴染みがないかもしれませんが、
コラーゲンたっぷりです。是非お試しあれ。





金剛閣 4階 焼肉阿吽
テールスープ 840円なり。



黄木牛のこと

2009年09月14日(月)

今日は快晴の天気で気持ちも明るくなる。

当社が子牛を買い付け肥育している牛舎。
新しい牛舎になってから、約60頭ほどの子牛たちがここで生活してきた。






どの牛舎でも同じでしょうが、牛の世話をする大変さに変わりはない。
特にうちの餌は、最初から混ぜられている配合飼料ではなく、
自分たちの手でひとつひとつ調合した飼料を与えているのだ。






稲わらもご近所の田んぼから頂戴し、代わりに堆肥を譲ったりしながら、
理想的な自然のリサイクルを営んでいる。





もうすぐ、この牛舎になってからの初めての黄木牛が出荷が始まる。

黄木の生産にかける想いと、肥育スタッフたちの苦労と情熱、

そして不安と期待を膨らませながら、じっとその時を待っている。



黄木の本店

2009年09月12日(土)

今日は薄曇りで小雨がぱらついている。
せっかくの週末、お天気になってほしいものである。

さて、黄木の本店。



極めて品質の高い米沢牛や、その他にもハンバーグやコロッケ、メンチカツなど、
お土産でも喜ばれそうな幅広い商品を取り揃えている。




本店の店を任されているのが写真の「藤平くん」。




若いなりにも色々試行錯誤を繰り返し、
お客様のためにをモットーに毎日励んでいます。

本店にお寄りの際は、彼になんなりと聞いてみてください。
お家での料理の仕方や、きっとお探しの肉が見つかるはずです。









食後のデザート

2009年09月09日(水)

今日も快晴で風が気持ちいい。
だんだん風の匂いと一緒に、秋がもうすぐといった感じか。

昼過ぎ金剛閣に寄って、デザートを御馳走になる。

自家製のバニラアイスに、桃のコンフォート。
まだ夏っぽかったが、近々変わるのであろう。





作ってくれたのは「レストラン明星」の樋口くん。
見た目はゴツいが、優しい青年である。



彼の作る料理は、地元のお客さんにもすこぶる評判がいい。
特にデザート。時々褒められる。

観察してみると、お客さん用のデザートは、
桃が半個丸々付いていた。
たっぷりの量である。
甘い物は別腹とよくいったものだが。。。



「原価は大丈夫か樋口君?」





「オッケーっす」。


元気のいい声が速攻で返ってきた。


ま、いいか。。。








米沢牛ビーフカレー

2009年09月07日(月)

今日は晴れ渡り、ときより気持ちのいい風も吹いて心地よい。
なぜかカレーの気分になり、
久しぶりに売店のカレーを食す。
米沢牛ビーフカレー。



皿に盛り付けると、中ぶりな肉が3つ。
ルーはわりと辛口である。「旨い」。うすっぺらでない味。

しかし、大手食品会社のレトルトと比べると、
若干の差は「なめらかさ」か。

もう少し米沢牛の持つ肉の旨味を全面にだせれば、もっと最良、最高の味に近づく。
進化し続けて欲しい逸品である。

他ではこの肉を使っては、できないものだから。




よろしければ、一度お試しください。
米沢牛ビーフカレー 840円

天地人博

2009年09月04日(金)

今日も薄曇りだが、気温は温かい。

米沢で開催されている【天地人博】、もう行かれましたか?

平日にも関わらず、大型バスが所狭しと並んでおりました。



中に入るとこんな記念撮影スポットが。
景勝と兼続がお出迎え。




特に心を振るわしたのが、兼続が徳川家康に送ったとされる【直江状】。
権力に臆せず、義に生きた男の精神を垣間みたような気がしました。
直江状に対して、様々な云われはあるが、
現代にもし兼続が生きていたら、どんな国作りを目指したであろうか。
戦国の世に、【愛】の一文字を掲げ生き抜いた直江兼続。
是非ご覧あれ。




【天地人博】
平成22年1月11日まで 上杉神社隣接 伝国の杜で開催中
まるぶん食堂

2009年09月02日(水)

今日は薄曇りで風がやや強い。
気温はそれなりに高いのだが、あまりぱっとしない日が続く。

昼飯どきに久しぶりに訪れたここ、
米沢駅前の「まるぶん食堂」。



気のいいご主人と、おかみさんが二人で切り盛りしている。
いつも注文するのがこれ、
「焼肉定食」 1150円



柔らかい牛肉がこのボリュームで。
通常だと珍しくソース味で出てくるのだが、
いつも「塩味で」とお願いし、


出てきた肉に、ちょこっと醤油をひとサシ。

まさに完璧である。

まるぶん食堂
山形県米沢市駅前3丁目2-18
0238-23-0993
米沢から徒歩約2分
Google地図
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&utm_source=ja-hp
黄木米沢大沼店

2009年09月01日(火)

今日は薄曇りでやや肌寒い。
台風の影響はほとんどなかったが、朝晩急にぐっと冷え込んできた。

先日、米沢大沼デパート店の黄木のテナントがリニューアル。
売り場も広がり食材に幅もでてきた。
ここは米沢市民の食卓を支える大事な売り場なので、
毎晩のおかずを求める主婦の方達で結構にぎわう。



ここの店長の高木君は、不思議とリピーターを掴むのがうまい。
彼を頼りに通ってくださる常連さんが多いという。

牛肉だけでなく、手作りの野菜たっぷり餃子など
コンスタントに200個ぐらい売るという。

一度食べさせてもらったが、これがなかなかうまい。
中の肉がもう少し多ければいうことはないのだが。



  • 黄木のこだわり-最高の品質への取り組み-なぜ美味しいのか、なぜ安全なのか。黄木の品質への取り組みはこちら
  • 米沢牛が地理的表示(GI)第26号に登録されました
  • 米沢牛黄木のカタログをご希望の方はお気軽にご請求ください
  • 黄木受賞暦 美味しさの証明
  • 米沢牛黄木の商品をお買い求めいただいた皆様よりたくさんのお声をいただいております
  • 初めてのお客様はこち
  • お支払方法について
  • 注文内容変更申請
  • 米沢牛黄木のトレーサビリティシステム 個体識別番号検索

お問い合わせはこちら

お電話でのご注文・お問い合わせはこちら:0120-75-2240(受付時間|9:00~18:30 火曜定休)

FAXでのご注文はこちら:0238-21-0284

FAXご注文用紙ダウンロードはこちら

メールでのお問い合わせはこちら:info-honten@o-ki.co.jp

米沢牛黄木へメールでのお問い合わせはこちらからどうぞ:info-honten@o-ki.co.jp

  • アンケートに答えて米沢牛をGET!お客様の声募集キャンペーン
  • 米沢牛黄木公式フェイスブック(facebook)
  • 米沢牛黄木スタッフブログ

米沢牛黄木営業日カレンダー

2018年12月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年1月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

:定休日

※火曜日は商品の出荷をお休みさせて頂いております。

  • グルメプラザ金剛閣 山形県米沢市 米沢牛レストラン すき焼き ステーキ 焼肉 しゃぶしゃぶ
  • 米沢牛黄木 東京店 米沢牛レストラン すき焼き ステーキ 焼肉 しゃぶしゃぶ
  • 時の宿すみれ 山形・湯の沢温泉 米沢牛とおふたり様の宿